魂のダンス

音楽・本・服とかいろいろ

日記のようなもの

20160701

あっという間に今年も半分しかなくなってしまった。3月、ともに学生生活を過ごした仲間たちと色々なところに行き、お酒を飲み、写真を取り合ったりした。ほとんどの皆が社会人となって働いているなか、僕はもう少し勉強をするという選択肢を選んだけれども、…

20170314

一月。僕が住む街は寒い上に風も冷たく、朝起きるのにも一苦労。そんななか迫ってくるのは、卒業論文。町田康という作家について書いた。語り口が非常に独特(戯作派由来の饒舌体と評されるが、もっとアクが強いと感じてます)で、加えてそれに従うように物…

20160908

いろいろと重大イベントがひと段落したので、戯言を書き連ねていこうと思う。 ○ぼくは(公共の場で)勉強ができない 今年の冬のおわりあたりから、諸事情により、これまで以上に勉強をしなければならない状況となった。一人暮らしを始めてからは、家はくつろぎ…