魂のダンス

音楽・本・服とかいろいろ

2017年上半期よく聴いたアルバム

 

備忘録です。ぼちぼちジャケ写とかを追加するかも。〇内数字は暫定順位(7月2日時点)

 

サニーデイ・サービスPopcorn Ballads』

柴田聡子『愛の休日』

シャムキャッツ『Friends Again』

環ROY『なぎ』

ナードマグネット『MISS YOU EP』

蓮沼執太 & U-zhaan 『2 Tone』

橋本絵莉子波多野裕文橋本絵莉子波多野裕文

髭『すげーすげー』

フレンズ『ベビー誕生』

ゆるふわギャング『Mars Ice House』

吉澤嘉代子『屋根裏獣』

Alfred Beach Sandal + STUTS『ABS+STUTS EP』

Awesome City Club『Awesome City Tracks 4』

Base Ball Bear『光源』 

Bonobo『Migration』

Cloud Nothings『Life Without Sound』

Cashmere Cat『9』

CHAI『ほめごろシリーズ ep』

CAR10『CAR10』

Calvin Harris『Funk Wav Bounces Vol.1』

Cigarettes After Sex 『Cigarettes After Sex』

Cosmo Pyke 『Just Cosmo』

D.A.N.『TEMPEST』

Dirty ProjectorsDirty Projectors

Drake『More Life』

②DYGL『Say Goodbye to Memory Den』

Future Islands『The Far Field』

FKJ 『French Kiwi Juice』

Hajk『Hajk』

Helsinki Lambda Club & teto 『split』

Homeshake『Fresh Air

Hoops 『Routines』

HYUKOH『23』

Japandoroids『Near To The Wild Heart Of Life』

Jay Sam『Evreybody Works』

Jens Lekman『Life Will See You Now』

Kasabian『For Crying Out Loud』

③Kendrick Lammer『DAMN.』

Kelly Lee Owens 『Kelly Lee Owens』

Lorde 『Melodrama』

Mac Demarco『This Old Dog』

Maison book girl『image』

MONDO GROSSO『何度でも新しく生まれる』

MONO NO AWARE『人生、山おり谷おり』

Real Estate『In Mind』

Perfume Genius『No Shape』

Phoenix『Ti Amo』

Royal Blood『How Did We Get So Dark?』

Sampha『Process』

SlowdiveSlowdive

SHISHAMO『SISHAMO 4』

sora tob sakanacocoon ep』

Spoon『Hot Toughts』

Steve Lacy 『Steve Lacy's Demo』

Suchmos『THE KIDS』

Syd 『FIN』

SZA『Ctrl』

⑤Thundercat『Drunk』

tofubeats『FANTASY CLUB』

Tricot『3』

Tuxedo『Tuxedo Ⅱ』

Vince Staples『Big Fish Theory』

➅The xx『I See You』

⑦Yogee New Waves『WAVES

Zack Villere 『Little World』

!!!『Shake the Shudder』

 

 

20160701

   あっという間に今年も半分しかなくなってしまった。3月、ともに学生生活を過ごした仲間たちと色々なところに行き、お酒を飲み、写真を取り合ったりした。ほとんどの皆が社会人となって働いているなか、僕はもう少し勉強をするという選択肢を選んだけれども、しんどいハードなりに充実はしているはず。離れた友人たちは元気だろうか。これまで4月から6月までに会った友人は、元気そうで何より。

 

  4月からは勉強面で苦しい日々が続く。自分無知すぎて、つらいかなしいむなしい。でも。でも、ここでへこたれてちゃだめだ!「麦は倒れてから強くなる」って、『はだしのゲン』の父ちゃんも言ってた。信じるよ、父ちゃん。

   

  とは言いつつも、改めて自分自身のことを考える時間や、これまでよりも幅広い分野の知識を得ている実感が多少なりともあったため、自分がこうなるのかなと考えてた進路とは、別の方向に向かいそう。それはそれでいいんじゃないかな。ひとまず行ったことも見たこともない土地で働いてみたいな。

 

  音楽や本にも触れる時間が増えたので、それも今の生活を楽しめている理由のひとつかもれない。どこかに出向く機会も増えた。やはり人間、自分の知らないものやわからないものを追求しようとすれば、楽しめるのかもね。お金はないけど。お金くれよ、お金。クラウドファンディングしようかしら。

 

  といいながら、来週から発表が続きそうだし、いい音楽がたくさんあったので上半期ベストもまとめようと思っている月替わり。

20170314

 

  一月。僕が住む街は寒い上に風も冷たく、朝起きるのにも一苦労。そんななか迫ってくるのは、卒業論文町田康という作家について書いた。語り口が非常に独特(戯作派由来の饒舌体と評されるが、もっとアクが強いと感じてます)で、加えてそれに従うように物語が流転していく作品に取り憑かれ、研究しようと思い立った。が、そんな癖の強い文章を、これまでに文を書く経験に乏しい小童が論文作成しようとすると、そりゃあ苦労しますわな。自分の考えていること・感じていることを、「表現」「批評」することは、自明ではありますが難しい。しかし磨かねばならぬのだ。まだまだ学ぶ機会を設けることができたので、せめて読んだ人(教授くらいしかいないだろうけど)に、面白がってもらえるものを書きたいと感じた。

  共に過ごした音楽はThe xx、Suchmos、Awesome city club、Cloud Nothingsの新譜。さすがに卒論関係以外の本を読む余裕はなく、町田康などを読み返す。笙野頼子も登場するのだが、急遽作品を「なにもしてない」に変更してよかったと思っている。

 

  二月。まだまだ寒い。卒論の打ち上げで幕開け。楽しゅうござんした。こうして飲む機会も残り少ないと思うと、何だか心寂しい。しばらくは卒論でバーンアウトしてしまう。発表準備もあるのに、何もする気が起きない。東京へ旅行に行く。この時期の夢の国は風が強すぎて、体温が低下するスピードがスーパーカーの速さ並みな僕にとって、まさに生き地獄。ただ、ミュージカル的な催し物は、オリエンタルランドのプロ意識に圧倒された。他にもコーヒーを飲んだり、蒙古タンメンを食したり、大好きな古着屋でギャルソンオムプリュスのデッドストックを手に入れることができたりしたので、まあ楽しかった。金は使うが、なぜかなかなかバイトのシフトに入れない。発表会は時間内に終わらせたものの、わかりやすく工夫しようと考えたところが、逆にわかりづらくなったようで、自分の意図と他者の受容はこうも相違するのだなと痛感。あとは飲んだり、スノーボードに行ったりと充実。しかし金がねぇ。

  Homeshake、Dirty Projectors、Thundercatの新譜をよく聴いた。阿部和重保坂和志ゴーゴリなどを読んだ。

2016年ベストトラック

 

何やら書きかけのまま放置されていたので、今更ですが公開します。手抜きです。

 

---------------------------------------

  2016年を振り返る上で、アルバムに関しては挙げさせてもらいましたが、一応トラックについても触れた方がいいかなと。雑多に挙げていきます。

 

  まずはこちら。

 


星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

 

もはや誰もが歌い踊れるナンバー。源さんはずっと聴いていたほうだと思いますが、実家の母から過去作品をスマホに取り込みたいと聞いたときは驚き。リズム隊がすっげぇ良い。

 


欅坂46 『サイレントマジョリティー』

 

  もうアイドルにどっぷりハマることはないだろうと思っていたのですが、ここにきてドルヲタ復帰です。欅坂の曲は構成・クオリティももちろんですが、何よりダンスや表現といった映像での訴えかけがすごい。欅坂46個人的ベストを決めるならば、『世界には愛しかない』『青空が違う』『僕たちの戦争』の三曲で~す(CV加藤みどり)。

 


欅坂46 『世界には愛しかない』

 


青空が違う / 志田愛佳・菅井友香・守屋茜・渡辺梨加・渡邉理佐


欅坂46 『僕たちの戦争』Short Ver.

 

  あと2016年よく聴いたのが、My Hair is Bad。


My Hair is Bad - 戦争を知らない大人たち (Official Video)

強いて選ぶならこの曲でしょうか。ポエトリーが特徴的ですが、サビの「Good Night」には何かもの悲しさを感じます。

 

……何やらこのままいくと膨大なトラック数となってしまうことが予期されるので、厳選した10曲を選ぶことにしますか。最初からそうしろって感じですよね、わかります。

 


Suchmos "STAY TUNE" (Official Music Video)


シャムキャッツ - 洗濯物をとりこまなくちゃ (MUSIC VIDEO)


STUTS - 夜を使いはたして feat. PUNPEE (Official Music Video)


Special Favorite Music "GOLD" (Official Music Video)


cero / 街の報せ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】


D.A.N. - Zidane (Official Video)


Chance the Rapper - Same Drugs (Official Video)


Negicco「矛盾、はじめました。」MV 作詞 土岐麻子 作曲 さかいゆう (2016/3/29 release)


フレンズ「夜にダンス」


ミツメ - あこがれ

2016年 ベストアルバム20

  何だかあっという間の一年でした。個人的には色んなやらなければいけないこと、乗り越えていかなければならないことを、何とかこなしていくうちにいつの間にか年の瀬。かっちょいいライトアウターを春前に購入し浮かれていたら、あまりの暑さにTシャツ探しに奔走し、今では末端冷え性を発症、コートを羽織って外出する有様です。季節の流れは、年を重ねるうちに倍速モードになっていくようで。

  今回は年末になると、音楽を好んで聴くひとたちがおこなう、例のアレです。ぼくはApple Musicを導入したことにより、CDを購入する機会は減りましたが、これまで以上にたくさんの音楽を聴けたかなと思っています。アップルさん、マジダンケ。ライブに行く機会が減ったのが、少し残念だったかな…

  こうやって自分が何を聴いて心に残ったのかを記録することは、大変意味のあることだと思います。音楽は記憶と深い結びつきがあるって考えてるので。ということで20作品選びました。

 

20.Galileo Galilei『Sea and The Darkness

f:id:tacchi0727:20161224161225j:plain

 

19.AL『心の中の色紙』

f:id:tacchi0727:20161224161755j:plain

 

18.Negicco『ティー・フォー・スリー』

f:id:tacchi0727:20161224161738j:plain

 

17.ザ・なつやすみバンド『PHANTASIA』

f:id:tacchi0727:20161224161832j:plain

 

16.The Weekend『STARBOY』

f:id:tacchi0727:20161224162303j:plain

 

15.The Lemon Twigs『Do Hollywood』

 

f:id:tacchi0727:20161224162328j:plain

 

14.METAFIVE『META』

f:id:tacchi0727:20161224162411j:plain

 

13.THE NOVEMBERS『Halleluiah』

f:id:tacchi0727:20161224162435j:plain

 

12.Savages『Adore Life』

f:id:tacchi0727:20161224162611j:plain

 

11.ASIAN KUNG-FU GENERATION『ソルファ(2016)』

f:id:tacchi0727:20161224162637j:plain

 

10.NOT WONK『This Ordinary』

f:id:tacchi0727:20161224162705j:plain

 

9.Chance the Rapper『Coloring Book』

f:id:tacchi0727:20161224162718j:plain

 

8.スカート『CALL』

f:id:tacchi0727:20161224162734j:plain

 

7.スピッツ『醒めない』

f:id:tacchi0727:20161224162749j:plain

 

6.ミツメ『A Long Day』

f:id:tacchi0727:20161224162812j:plain

 

5.宇多田ヒカル『Fantôme』

f:id:tacchi0727:20161224162830j:plain

 

4.Bon Iver『22, A MILLION』

f:id:tacchi0727:20161224162929j:plain

 

3.D.A.N.『D.A.N.

f:id:tacchi0727:20161224162942j:plain

 

2.蓮沼秀太『メロディーズ』

f:id:tacchi0727:20161224162959j:plain

 

1.My Hair is Bad『woman's』

f:id:tacchi0727:20161224163019j:plain

 

 

  いかがでしたしょうか。トップ5について、少しコメントを。

  5位は宇多田ヒカル。これまでは代表曲のみ耳にしてきたニワカですが、歌・詞・音ともに非常に心に響きました。人は何かを失いながらも、前に進んでいかなければならない、なんてことを感じました。

 4位のBon Iver、いったい何を食したら、こんなものを作ることができるのか…僕も同じようなもの食ってるはずなのに…英語はあまり得意ではないので、何となくでしか詞の意味はわかりませんが、エフェクトの重なり具合とそれを取り巻く音像は圧巻の一言です。

  3位のD.A.N.、空虚な雰囲気を受けるが、どこか肉体的。地の果てで、蠢きながら響き合う。そんな印象を受けました。余談ですが、お酒を飲んだ後、このアルバムを聴きながら帰路につくのは、めちゃめちゃ気持ち良かった。歩くスピードが自然とテンポと同化し、田舎の畦道で迷惑をかけない程度にふらふら揺れてたのは、ここだけの話。まあ僕の帰る道、車も人もほとんど通らないんですけどね。

  2位は、蓮沼執太で『メロディーズ』。フィルのほうでは、「光」等のフレーズが印象に残っていて、どこか幻想的なイメージだったのですが、今回のソロでは、日常を描き出そうとしているのかなと感じました。

 

ぜんぶ片づけて  外に出てゆく  それも地球で  ここに住んでいる

坂を上りきり  青空見てて  思い出すものは  いまここにある

 

「アコースティックス」

 

これまでのソロは電子音が多用されてたのですが、今回は生の楽器の音が深く響き合っています。それも詞とマッチして、素晴らしい。保坂和志の小説と近いものを感じるのは、僕だけでしょうか。

  1位は、新潟上越発ロックバンド、My Hair is Bad。このバンドは、恋愛に関する詞が大きく取り上げられますが、個人的な印象としては、大きな物語を前にするわたしたちのあり方が歌われているところがポイント。

 

テロが起こった日  飲み過ぎてゲロ

新聞に包まり  眠った子猫

眠れば  なにも  わからない

なにも  感じない

 

Good night…

 

「戦争を知らない大人たち」

 

九月  旅客機がビルを壊してた

真っ黒いパンジーが盛大に咲いてた

眺めていたんだ  ずっとテレビが泣いてた

悲しくなかった

 

「革命はいつも」

 

わたしたちが当たり前に毎日を過ごしているなかで、世界では残酷、冷徹な出来事がごまんと起っている。ぼくたちもそれに対して何かアクションを起こさなくてはならない。けど、どうすることもできないし、毎日を生きるので精一杯。友人関係、恋愛のこと、働くこととか。そんな感情をマイヘアは不器用ながらも等身大の姿で、ぼくたちにぶつけてくれる。年代も近いせいか、彼らには共感しました。 今年一番聴いたバンド、かつアルバムです。来年のツアーが楽しみなので、椎木さんの喉が無事回復することを祈っています。

 

  以上ベストアルバムでした。文章はちょいちょい直すかもですが、とりあえずアップします。

 

NEXT  ベストトラック