魂のダンス

音楽、本、映画などを絡めた雑記

交感

  以前は初対面の相手にも特に臆することなく話しかけることができていたのだが、最近はてんで駄目。一通り挨拶を交わした後に、次にどういう言葉を発すればいいかわからなくなってしまった。

  今日の天気や出身地を聞いたところで、どうしようもない会話だなって思ってしまう醜い性根へと変化したのだろうか。かといって自分の興味・関心を曝け出すことでわたしはあなたに抵抗を感じてないという表明も、ただのお喋りクソ野郎になってしまう危険性がある。あとは自分の発言が思わぬ方向に捉えられたり、意図せず誰かを傷つけてしまうことのないよう細心の注意をはらいたい気持ちが以前よりも増しているからなのか。そんな会話にまつわる良い想定と悪い想定を繰り返し考えているうちに、いつのまにか無言になってしまう。

  最近よほど腹の立つことを言われない限り、当たり障りのない応答を行い、ニコニコしている。「自分らしさ」がないのではと思うけれども、「自分らしさ」が出せるのは好きなことについてあれこれ喋ったりする瞬間、そしてその先にある他愛もない話やボケ、ツッコミにあると感じている。自分と共通の話題で盛り上がることのできる人とずっと一緒にいたいし、欲を言えばもっと出会いたい、もっと自分の知らない面白い世界へと連れて行ってくれて、かつ基盤が通じる誰かとお話しがしたい。

  なんてことを考えながら日々を過ごしていると、Homecomingsの福富くんがラジオ「MOONRISE KINGDOM」において、「身体が千切れそうなくらい寂しい夜がある」と話していた。記憶が正しければ、恋愛相談のメールを受け、友達からじゃないと恋愛関係になれない、共通の趣味がないと難しいみたいな流れで上記の発言があったはずだが、福富くんの発言を聞いたあと、自分のぼんやりしていた思考が明確な輪郭を成した気がした。時折無性に寂しくなる日があるんですよ。

  流石に夜も遅いし、地理的にすぐ行ける距離じゃない。だから友だちに会いに行きづらいし、呼びづらい。だけど誰かと話したい気持ちがたまに浮上してきて悶々する。

  そんな慊らない自分のお供になってくれるのは、最近もっぱらラジオだったりする。具体を挙げれば枚挙に暇がないのだが、特にお気に入りなのは「佐久間宣行のオールナイトニッポン0」、「アルコ&ピース  D.C.GARAGE」、「ハライチのターン」、「山下達郎のサンデーソングブック」、スカート澤部さんの「NICE POP RADIO」などなど。感性に触れる音楽を知れたり、喋りを聞いてふふふと笑う瞬間、気持ちが和らぐ。あと「ふふふ」の字面は、頬笑ましい馬鹿が三人並んでいるようですっごくいいよね。

続きを読む

与太郎はこなれたい

  ようやく正式に会社の配属が決定した。まだまだ下っ端、事務的な作業を淡々と行う毎日。配属されたのは社内でも大所帯に相当する部署であり、賑やかな雰囲気のため日々過ごすうえでは安心材料が多くホッとしている。

  しかし、唯一の懸念点は電話対応。もちろん電話をとるのは下っ端が率先して行わなければならない仕事である。さあやるぞと思うが、これがなかなかうまくいかない。

  まずかかってくる電話の数が多いうえに、デスクの配置上、時折所属する部署の電話か定かではないコールが頻繁に鳴り、「これは自分が取るやつなのか……どっちなんだ……わかんねぇ……」といった具合に、現状認識をすることだけで頭を使う。

  そして、「よーし己が部署だ!新人オレの出番っすね!電話とっちゃるぞ~」と意気込むのも束の間、先輩社員の皆様は電話をとるのがめちゃめちゃはやい。「新人が率先してとりましょうね」の言葉はどこへやら、突然電話取り合戦の渦中に投げ込まれるなんて聞いてないぞ。そんな合戦で生き延びるためにもまた心はすり減る。

  いざ電話をとれたとなっても慣れないことだらけでスムーズな対応ができないことが多いし、とれなかったときには新人の仕事を全うできずに何だか申し訳なくなってしまう。幸い他の業務は特にトラブルはないものの、神経めぐらす電話対応のせいで肩凝りがひどい。あぁ、はやく慣れたい。

続きを読む

ばらばら

  数多くの熱量に触れると、瞬時に生まれる思考が血管をめぐり、身体の内外にほとばしる。最近はそのような体験をすることが多い。

  自分とは何もかも違う人たちと毎日たくさん会って、共通の回路が生成して良い思いをすることもあれば、互いに意に沿わない状態となって蟠りが生じることもある。だけどそれら全てが自らを形成する一部分となる。嬉しい思いをした経験も、ムカついてムカついてしょうがない経験も、そうじゃない経験も含めて、今の身体と思考を持つ自分がいる。

  そんな日々のなかで、身体や思考が合致しないけれども、同じような方角を向いているひとと出会うと、旅の仲間が増えたみたいで嬉しい。東京に出てきてから、これまでに自分が興味のあった物事へ足を運ぶことが多いが、最近はこのような高揚感が一種の快楽となり、空いている時間はそこそこアクティブになっている気がする。

続きを読む

うつつのやさしさ

  昨年度まで早朝のコンビニエンスストアでアルバイトをしていたため、生活は朝に適応している身体へと移行していた。働き出したときに時間を有効的に活用できればよいなと思って継続していたこちらのアルバイト、案外効果はあったようで、現在のところ朝寝坊をすることはなく新卒社会人としての日々を過ごしているが、最近は出勤ギリギリまで布団の中で起きては寝て、起きては寝てを繰り返してしまう。

  こんな時、ものすごく変な夢を見る。突然高校生へとタイムスリップし、見覚えのある教室の風景が水中で目を開けたときのように細部の輪郭がぼやけたかたちで現前に広がる。クラス会が行われていて、突然担任の教員から「お笑いについて自由に論じよ!」と何故か入試問題のような文言が口から発せられる。なぜかノリノリの自分、「お笑いというのは、AからZへ飛躍する瞬間にこそカタルシスがあります」と言ったところで、夢は終わってしまった。何だったんだ、いまの自分の発言は……と思い返すのも一瞬で、案外ギリギリの時刻に目を覚ましたことを認識した自分は、牛乳を浸したフルグラをかきこみ、バタバタ身支度、家を出るのであった。

  せっかく培った早起きの習慣もやや後退している。汗だくになりながら外を回っているいまの仕事によって、自らが知覚する以上に身体には負荷がかかり、早寝遅起きを強いられている状況になっているのだろうか。というわけでここ数ヶ月の目標は、早く起きてコーヒーでも飲みながら、こうした書いたりする活動を朝に余裕を持って行いたいというところである。夜はゆっくりいろんなものを見聞きしたいし、たまにはお酒も飲みたいからなあ。

 

続きを読む